Gopro初心者におすすめの三脚はコレ!付けるだけで撮影レベルを格上げ

Gopro アクセサリー 三脚Gopro
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

Goproのアクセサリーはいろんな種類がありますが、まず揃えておきたいのが「三脚」です!

付け方も簡単な三脚があれば安定して動画撮影もできますし、Goproのグリップ代わりの使い方もできます。

Goproには手ぶれ補正機能がありますが三脚をつかうことで動画撮影やタイムラプス撮影の安定感は抜群です!

さらに置く場所によって様々なアングルから撮影可能になるので、動画の表現の幅が広がります!

今回はボクが実際に使ってみた純正以外のコスパ抜群の三脚をご紹介します!!

スポンサーリンク

Goproに三脚を使うメリット

  • 撮影が安定する!
  • 設置する場所によって撮影アングルのバリエーションが増える!
  • Goproが持ちやすくなる!
  • タイムラプスを撮る時には必須!
  • 自撮り棒の代わりに使える!
  • Gopro以外にもコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)にも使える!

手ぶれ補正が付いているゴープロと言えども、そのまま手で持っている状態で撮影した場合はブレが強く出てしまいます。

ジンバルほどではないですが、手持ちよりは安定するのでゴープロを買ったら次は三脚は必須です。

Gopro用の三脚を選ぶ時のポイント

せっかく買ったアクションカム「Gopro」での動画撮影をさらにレベルアップさせたいけど、
ゴープロを初めて買ったというあなたであれば、三脚はどんなのを選べばいいかわかりませんよね?

しかもGoproにはいろんなアクセサリーがあり、三脚もサイズや付属の機能などが多種多様です。

なので、まずはあなたがどんな状況でどんなアクセサリーなどとGoproを使っていこうと思っているのかを良く考える必要があります。

例えばインスタにアップするために使うのであれば、そこまで大きくなくて持ち運びが楽でどこでもさっと手にとって使えるコンパクトなタイプが最適です。

もしくはアングルを自由に変化させて撮影したいのであれば、ゴリラポッドのような脚が自在に動いて使えるタイプが良いということになります。

購入前に確認するポイント

  • コンパクトさ
  • 軽さ
  • 持ちやすさ
  • どんな場所に置くのが多いか?
  • 「自撮り」がメイン?
  • 固定で置くのがメイン?
  • Gopro以外のカメラにも使う?
  • いっしょに使うアクセサリーは?

上記のような実際に使う場面を想定しながら購入するのが失敗しないコツです!

ちなみにGopro純正のショーティーという三脚もあります。
三脚と自撮り棒のように少しだけ伸縮するので良いんですが、価格が結構なお値段します。

今回はボクが実際に使ってみた、お得な価格でも充分使えて作りがしっかりしている三脚があるのでそちらをご紹介します!

初心者におすすめのGopro用三脚ベスト3!

三脚はのメリットはやはり手で持つときよりも安定して撮影ができるところや、低い三脚だと地面すれすれから見上げる迫力のあるローアングル動画を撮ることもできます。

ゴープロのアクセサリーでは3WAYの自撮り棒が人気で、3WAYにも簡素な三脚が付いていますがとにかくスグに壊れそうな作りです。

なので、三脚は別に用意しておいたほうがおすすめです。

三脚があれば撮影の幅も広がるのでゴープロライフをさらに楽しむことができますよ。

第3位 JOBY ゴリラポッド 三脚・ミニ三脚

ゴリラポッド 三脚 Gopro

クネクネとタコのように曲がる足が特徴的なゴリラポッドの三脚です。

自由に足を変形させて、置くという撮り方だけでなく、巻きつけて撮影するという使い方もできます。

使い込んでいくと足の部分の動きが柔らかくなっていくというデメリットはありますがそんなにすぐには壊れないので安心して使える耐久性を持っています。

もしあなたがGoproだけを付けて使うのであればミニ三脚をおすすめします!

一眼レフのカメラやミラーレスにも使いたいのであればゴリラポッド三脚が最適です!

ちなみにボクは一眼レフやミラーレスも付けて撮影するので5kgまで耐えれる5Kのゴリラポッドを使っています。

こちらは全然コンパクトではないです。

でもゴープロ以外にも使えていろんな角度から自由に撮影することができるので重宝しています。

ただその分重さはありますけどね。

使う時にはJOBY純正の雲台ではなくアマゾンで高評価だったクイックシュー(ワンタッチで取り外し可能な機能)と360度ボール雲台を付けて使うこともあります。

360°回転雲台

雲台 クイックシュー

ただゴープロ初心者の方にはゴリラポッドのミニ三脚をおすすめします!!

JOBY ゴリラポッド ミニ三脚

 

おすすめポイント

  • 自由に三脚の足を変形させて使える!
  • 様々なアングルで撮影できる!
  • 見た目がユニーク!
  • 置いて使う以外にも巻き付けて使える!

 

第2位 ZHIYUN ミニ三脚

Gopro ミニ三脚 ZHIYUN

第2位はもともとゴープロ用ではなく、ジンバル(カメラを安定させて撮るための機材)用の三脚になります。

かなりコンパクトでポケットに入るサイズです。

しかも三脚の脚が大きく開いてかなりローアングルで撮影ができます。

Gopro ミニ三脚 ZHIYUN

そしてアマゾンで1000円以下の価格で作りもしっかりしています。

三脚が大きく下まで開くので安定感は抜群です。

Gopro ミニ三脚 ZHIYUN

小さい三脚なので女性でも持ちやすく扱いやすいのがイイですよ!

自撮りするときには、自撮り棒の下に1/4の穴があるタイプにこのミニ三脚をクルッと回して取り付ければ、自撮り棒の三脚として使うことができます。

Gopro ミニ三脚 ZHIYUN

おすすめポイント

  • とにかくコンパクトでポケットにも入る!
  • 価格が安い!
  • 作りがしっかりしてる!
  • 三脚が大きく下まで開くので安定感抜群!

 

第1位 マンフロット ミニ三脚

GOPRO 三脚 マンフロット

第1位は「マンフロットのミニ三脚」です!

他の三脚と比較すると「さすがマンフロット!」と納得してしまうほど作りが丈夫でしっかりしています。

Gopro 三脚 マンフロット

第2位のZHIYUNのミニ三脚ほど脚は大きく開きませんが、安定してとることができます。

そして、Goproを取り付ける部分が360度回転可能なボール雲台のようになっています。

GOPRO 三脚 マンフロット

画像でいえば赤のロゴのボタンの部分をポチッと押していればぐるぐると回して好きなポジションにゴープロを持っていくことができます。

脚の部分の長さも結構あるので、自撮りスタイルで大勢をいっしょに撮影するときにもGoproを引いて広めに撮影することが可能です。

GOPRO 三脚 マンフロット

そして、もともとマンフロットはカメラスタンドや写真撮影用機材のメーカーなので安心感があります。

デザインやカラーもオシャレでいいですね!

さすがイタリア生まれの写真撮影用機材のメーカーです!!!

おすすめポイント

  • とにかくコンパクトでポケットにも入る!
  • 価格が安い!
  • 作りがしっかりしてる!
  • 三脚が大きく下まで開くので安定感抜群!

 

Gopro用三脚のおすすめ まとめ

以上で、ボクが実際に使ってみて使いやすいと実感できたGopro用の三脚のご紹介でした。

ゴープロ純正の三脚「ショーティー」もいいんでしょうが、どうしてもgopro用の三脚でアマゾンでも約4500円は高いと思ってしまいます。

価格が安くても充分使える機能を備えている三脚はありますので参考にしてみてくださいね。

工具をかっこよく収納できるおすすめのツールホルダー

5000円以下のオフロードラジコン ベスト3

タイトルとURLをコピーしました