RC初心者がオフロードラジコンカーを選ぶときのポイント

オフロード,ラジコン,選び方オフロードラジコン
この記事は約3分で読めます。

今回はラジコン初心者がオフロード用のRCカーを選ぶときのポイントをご紹介しますよ。

オフロードラジコンカーの種類はバギー・トラック・スケールクローラー・ロッククローラーとありますがそれらを買うときにはこれらの機能をよくチェックしてみてください。

オフロードラジコンを選ぶときのポイント

  • 防水機能があるタイプ
  • 4WDであること
  • 出るスピードは30〜40km/hぐらいのタイプ

以上、箇条書きでサクッと紹介しましたが、ひとつずつ解説していきます。

防水機能があるタイプ

オフロード,ラジコン,防水

オフロードで走るということは水場や水たまりなど、思いもよらずにラジコンカー本体が濡れてしまう可能性があります。

乾いた土や砂しかない場所で走らせる場合はいちおう大丈夫ですが、防止機能がしっかりと付いているラジコンは防塵もできているので、どちらにしても安心して遊ぶことができます。

特に子供がオフロードラジコンを走らせていると、不意にコントロールミスで水たまりに入ってしまうなどもあります。

Amazonや楽天で防水のオフロードラジコンは売っているけど、完全防水のタイプは値段もそれなりにするので防水機能を選ぶときの基準は

「湿地走行可能」「水たまりを走れる」「Splash proof(防滴構造)」などの表記があるタイプですね。

初心者でも手が出しやすいメーカーは「WLtoys」「HBX(HAIBOXING)」などですね。

ジョーゼンのビッグタイヤで水陸両用タイプもありますが、実際には電池ボックスの防水加工が甘く、僕は電子系に水が入って壊れた経験があるので注意が必要です。

4WD仕様であること

オフロード,ラジコン,4WD

オフロードラジコンというネーミングで売っているRCカーは多くありますが、4WDではなく2WDである場合もあります。

小さい子供が公園を走らせるなら2WDのRCカーでもいいでしょうが、初心者でもそれなりにオフロードを走らせてみたいのであれば、断然4WDのほうがガンガン走ります。

2WDだと駆動するタイヤが草や木の枝、地面のデコボコにハマって動けなくなる(俗にスタックするという)とぜんぜん楽しくありません。

やはりオフロードラジコンカーを買って楽しむ魅力は、オフロードをどんどん突き進んでいく姿にワクワクするからです。

地面を飛び跳ねながらも前進させて思いっきり遊びたいなら4WD一択です。

スピードは30〜40km/hぐらいのタイプ

オフロード,ラジコン,スピード

続きまして、出るスピードは30〜40km/hのタイプが扱いやすくておすすめ!!

中には80km/hぐらい出るタイプもありますが、コントロール不能になって自分や人に当ててしまう可能性も出てきて危険です。

なので初心者のあなたは出るスピードが30km/hぐらいまでのタイプを選ぶのが安全です。

しかもいきなり1/10サイズのRCカーではなく1/18がおすすめ!

持ち運びしやすく、小さくてもパワフルに走ってくれます。

バギータイプ以外のロッククローラーやスケールクローラーなら速度を出して遊ぶ以外にも岩場などを走破する楽しみがあるので、いちがいにスピードが出れば楽しいというわけではないことを覚えておいてくださいね。

ただ最初に買うならバギータイプが素直に楽しいでしょうね。

ダートをドリフトしながら走らせたり、水たまりを水しぶきをあげながらシャーっと走る姿をGoproなどのアクションカムでスローモーションで撮影すると気持ちいいです。

おさらいとまとめ

  • 防水機能があるタイプ
  • 4WDであること
  • 出るスピードは30〜40km/hぐらいのタイプ

Amazonや楽天でオフロードラジコンカーを買うときには上に書いているポイントを目安に購入することをおすすめします。

価格的には10000円以下で買えるので、手が届きやすいのも魅力です。

バッテリーも2個付いていることが多いので、予備があると遊べる時間が長くなるので、付属でバッテリーが2個付属しているのかを見ることも大切です。

以上、おわり。

タイトルとURLをコピーしました