【自作クローラーラジコンコース】ロープ吊り橋を作ってみた!

クローラー 自作 ラジコンコースオフロードラジコン
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今回は木材とロープでクローラーラジコン用のコースを作って遊べる場所を作ってみました。

ロープ吊り橋ならスリリングな走りが楽しめるので、ぜひあなたも遊べる場所がないと思っているなら、いっそのこと自作してみましょう!

スポンサーリンク

自作クローラーラジコンコースを作ってみた!

またまた実家にある要らない木材を使ってクローラーラジコン用のコースを作ってみました。

想像していたよりも制作に手間取りましたが、クローラーラジコンを走らせるコースの幅が広がったので作った甲斐がありました。

しかもロープの吊橋なので走破する難易度があがり、走破する楽しみが増えましたね。

もしあなたが自作でクローラーラジコンのコースを作るときの参考にしてみてください。

ラジコン用のロープ吊り橋制作準備

RC用のロープ吊り橋を作るために、まずは材料を購入。
ホームセンターにてクローラーが走れるぐらいの8mm幅のロープを選びました。

長さは余裕をもって10m巻きで作るようにしました。

作るうえで一番苦労するのがロープを通して結び目をつくりながら、角材一つ一つに通していくのが手間がかかるポイントです。

制作途中の動画

木材に穴を開けようにもなかなか角材が固く、穴を開けるためにバッテリーをかなりバッテリーを消耗しましたね。

この場合は、バッテリータイプの電動ドリルではなく、電気コードがあるタイプのほうに切り替えました。

コード付きの電動ドリルだとバッテリーを気にすることなく、サクサク穴を開けることができるのでストレスフリーですね!

等間隔に木材を配置しながらロープの結び目をつくりながら、繋げていくのはかなり苦労しましたね。

しゃがみながらずっとロープを通し続けていくのはふくらはぎと腰に疲労がたまりました(笑)

ラジコンコース 完成

クローラー 自作ラジコンコース

かなり苦労して完成することができましたが、クローラーラジコンを走らせて楽しめるロープ吊り橋が出来上がりました。

バランスを取りながら、グラグラとしながら渡りきることができるどうか、うまくラジコンを操作しながら前に進めていくのに腕が試されます。

クローラー 自作ラジコンコース

これで自作ラジコンコースのバリエーションが増えました。

暑い天気のなか汗だくになって、蚊やアブを手で払いながら作ってみて良い経験になりました。

次はどんなクローラーラジコン用の自作コースを作りましょうかね。

タイトルとURLをコピーしました